「Animelo Summer Live 2011 Rainbow」初日レポート!

アニメソングの祭典、「Animelo Summer Live 2011」(アニサマ)1日目が、8月27日、さいたまスーパーアリーナで開催された。7回目の開催ということで、虹の7色になぞらえて「Rainbow」と銘打たれたイベントの、初日の模様をレポートする。

茅原実里&田村ゆかりの2人が登場し開幕した2011年のアニサマ。盛んにアイコンタクトを交わしながら「Freedom Dreamer」「惑星のランデブー」をデュエット。

会場がオレンジ色のサイリウムに染まる中、May’nがステージに。『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』挿入歌「禁断のエクリシア」を始め、「もしも君が願うのなら」「Seaclet Ballet」を熱唱した。

テンションが上がる中、ULTRA-PRISM「侵略のススメ☆」、七森中ごらく部「ゆりゆららららゆるゆり大事件」と〝電波ソング〟なアニソンが立て続けに披露された。ULTRA-PRISMの〝アニキ〟こと小池雅也が「萌えソングを続けて早10年、バイブルとなるアルバムを制作中です」とMC。七森中ごらく部は、客席から響く「\アッカリ~ン!/」の大合唱を背に、フレッシュな魅力を振りまいた。

満を持してのアニサマ登場となったアイドルマスターの4人。ゲーム使用曲「GOMYWAY!!」と現在放映中のアニメ主題歌「READY!!」を立て続けに歌った。アイマスの歴史が新たに刻まれ、感涙の一コマ。

同じくアニサマ初登場となる麻生夏子。記者発表会の際に緊張した面持ちで「初めての出演です」と語っていたことがウソのような晴れ晴れとした笑顔で、「エウレカベイビー」などを笑顔で歌った。

ストライプのジャケットを羽織り、花道で激しいダンスを魅せたのは、初参加のヒャダイン……ではなく、女性ダンサー。今度こそはヒャダインがスモークの中からステージに現れ、テレビアニメ「日常」のOP「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」「じょーじょーゆーじょー」を佐咲紗花と競演。ステージに一人残った佐咲はED曲「Zzz」をしっとりと歌い上げた。

アニサマは3度目の飛蘭(フェイラン)は色っぽさ抜群の肉厚なステージ。「Last Vision For Last」「螺旋、或いは聖なる欲望。」を歌い、2ndアルバムの9月21日発売を告知。

エジプトの民族衣装を模した赤い衣装でELISAが登場するや否や、会場の空気は一変。「God only knows~集積回路の夢旅人」を幻想的な雰囲気で歌い上げた後、「自分は天使キャラ」と語り〝ERISAマジ天使コール〟を観客に促すという、すっとぼけたMCで笑いを誘った。

女性アーティストの流れから、麻生夏子、飛蘭、そして奥井雅美の3人が中央ステージに。「アニサマ Girls Night」のテーマソング「熱帯夜Girls」をそれぞれのキャラクターに応じた振り付けで、セクシーかつキュートに熱唱。

そして前半のハイライト。カードゲーム「ヴァンガード」のオリジナル映像を挟んで〝召喚〟されたBREAKERZ。派手に登場とうってかわって厳かに一礼。『カードファイト ヴァンガード』の主題歌を披露。MCではボーカルのDAIGOが「前日にヱヴァの映画があって、今日このステージ。盛り上がるしかない、神が味方している」と、予定にはなかった「残酷な天使のテーゼ」をサビのみ披露し「アニサマに思い残すことはない」と言い切って笑いを誘った。ラストは『名探偵コナン』OP曲で、初めてのアニサマを最後までヴァンガり抜いた。

20分の休憩時間には、ニコニコ生放送「アニサマ2011楽屋スペシャル」が会場スクリーンに映し出され、ブシロードレスリングでお馴染のキダーニ男爵と、ミルキィホームズの面々が客席を沸かせた。

後半開始と同時にステージ中央に黒いカバンが出現し、客席からは昨年から引き続きの”超能力者”ネタに笑い声が。カバンはほったらかしにしてfripSideが登場。『とある科学の超電磁砲』のテーマソングメドレーの中、マギー利博、エスパー伊東の二人が手品やゴム手袋割りパフォーマンスを披露。PVと同様のカオスな雰囲気に会場も盛り上がる。

そして、シークレットゲストとしてアニソン界の大王ささきいさお、アニソン界の真の〝アニキ〟水木一郎が続けてステージに。『宇宙戦艦ヤマト』『銀河鉄道999』、『マジンガーZ』『コン・バトラーV』と、往年の名作アニメソングを朗々と歌いあげる様はまさにベテランの風格。

ささきは、「放射能除去装置が本当に必要になる時代が来るとは」と震災後の状況を踏まえて、「これからの日本を背負って立つのはここにいる君たち。左手に夢、右手に勇気を持って」と熱いメッセージを残した。

水木は今年がアニソンデビュー40周年。節目となる今回のステージでは、「Z!」の大合唱に加え、ビクトリーの「V!」も加わって、その歌声の迫力に鳥肌を覚えた。

戦隊ヒーロー風のコスチュームで現れたももいろクローバーZは、水木と共に新曲「Z伝説 〜終わりなき革命〜」を披露。MCで水木から「Z」の魂について教えられる一幕も。『ドラゴンクライシス』ED「ミライボウル」、『ヨスガノソラ』ED「ピンキージョーンズ」を激しいダンスパフォーマンスと共に歌いきり、ももクロ初体験も多いと思われるアニサマの客席に強烈なインパクトを与えていった。

続いて、影山ヒロノブとMay’nが『デジモンアドベンチャー』主題歌「Butter-Fly」を歌うと、デジモン世代を直撃。客席は大きく盛り上がった。

アニサマ5回目、ツアーを終えてさらなる成長をみせる茅原実里が登場するなり、まるで地響きのようなうなりが会場を揺らす。茅原は、オープニングで疲労した曲は田村ゆかり自身が選んでくれたのだと喜びを語り、10月スタートのテレビアニメ『境界線上のホライゾン』の主題歌を、本編映像を交えつつ歌った。

一転して、会場全体がピンク色のサイリウムに染まる中、田村ゆかりが登場。湧き上がる歓声と共にアリーナに”王国”が出現。茅原との共演が決定している秋放送開始のテレビアニメ『C3 シーキューブ』の主題歌「Endless Story」など披露。冒頭の選曲について「わたしニコ厨なんですよ」と告白。「Freedom Dreamer」の振り付けを練習するゆかりんファンの動画に感動して、ぜひ歌いたいと思ったと打ち明けた。

そして、第1回のアニサマからの出演となるJAM Projectが、荘厳なVJを背にステージへ。影山ヒロノブの「今日は全曲スパロボだ!」のかけ声で、「VICTORY」などを大熱唱。「スーパーロボット!」のコール&レスポンスに会場が一丸となる。さらに、名曲「GONG」「SKILL」で最高潮を迎えたアニサマステージに、シークレットゲストとして水樹奈々が駆けつけ、「motto motto!」を繰り返す。観客のジャンプで、座っていた座席がぐわんぐわんと揺れた。

鳴りやまないアンコールの声に、出演者がずらりと再び登壇し1人ずつ挨拶を述べていく中、ULTRA-PRISMの月宮うさぎの「アニサマを侵略したでゲソ!」の一言をきっかけにイカちゃん語がステージを侵略し、ついにはELISAまでが「~ゲソ」と挨拶をして、会場をなごませる。ラストは全員で今回のアニサマテーマソング「rainbow」が歌われ、初日の幕が下りた。